ホーム>ベジアレブログ>小松容子 里山暮らし・手仕事

小松容子 里山暮らし・手仕事

民泊申請を自分でやってみた!体験記

わが家の母屋を【大型犬と泊まる100年古民家民泊・1組限定】とし、活用しようと考えて動き出したのが4月の半ば。

昨年6月からの<住宅宿泊事業法>実施に伴い、届出申請するだけで簡単かな?と勝手に思い込んでいたから

用意する書類一式に手間取り、やっと先週申請が完了

(書類の不備があれば連絡があるはず。5日たっても何にもないのでちょっとホッ)

反省も込めて、もしこれからトライしようとする方々に参考になれば。

①民泊ポータルサイトからの申請でOKと思っていたが、まずは管轄保健所に相談に行く方がベスト⇒地域によってはポータルサイトに掲載されている以外の書類も必要になるので。

②使用する家屋の図面やそのサイズを記入したものは必須。それ以外にも合併浄化槽の家屋では、環境局へ提出する書類がややこしい。(とにかく相談に出向いて教えてもらおう)

③消防法の適合については、立ち合い調査はあるものの意外にスムーズ(わが家の場合は寝室への火災報知器設置義務のみだったからか?)1週間程度で合格の書類はゲットできた。

④添付書類の一つとして<身分証明書>というのが2種必要。法務局と本籍地の市役所等に申請。この2つの違いがようわからんがとにかく要るらしい。

郵送で取得なら法務局は東京本局のみ対応(印紙で手数料添付)役所分は住民票のあるところではなく本籍地のある役所だから注意。さらに郵便小為替で手数料を支払うから小為替の手数料が別途要る!!(300円の小為替を買うのに手数料が100円、なんか納得いかね~~のは私だけ?)どちらも切手貼付返信用封筒を同封の事

⑤これらすべての前に民泊予定地がそれをやってもよいところかどうか確認したか?とラストになって注意を受けた。

なんで今更?それって一番先に言ってよ!

私の場合は市街化調整区域ではないとは確認してからスタートしたが要は役所に確認してその答えがあったという事実が大事らしい。お役所仕事の建前論にイライラの50日間。

けれどこれを行政書士さんに依頼すると、安くても10万は必要とか?

そう思えば10万円の仕事をしたのと同じ!

なんでも好奇心旺盛でやってみるのも楽しいものでっせ!!

外来種の襲来!!

春爛漫の里山に大きな異変を発見!

今までわが家近辺には繁殖していなかった西洋たんぽぽが

日本タンポポを押しのけて畑に繁殖して来た!

外来種の襲来だ!!!

西洋タンポポは環境省指定要注意外来生物です。

「えっつ、タンポポってそんなに違うん?」って、夫は興味なさそう。

ここへ越して来た春、大阪の市内では見たことのなかった日本タンポポを発見し、

周りのタンポポが全て在来種とわかった時、私一人が驚き喜でました。

ところがこの春何気なくタンポポの<がく>を見てびっくり!

201841813511.PNG

葉や花では見分けることは難しい。

がく>がイチゴのヘタのように反り返っているのが外来種です。

あの日以来、畑の中のたんぽぽを見つけてはがくを確認し、西洋タンポポとわかれば引っこ抜き、

一人でささやかな抵抗をつづけている元都会人です。

 

竹炭きな粉クッキー 味は変えず効果大?

 
201812520185.JPGのサムネイル画像

もの足りるヘルシ―メニューのスイーツバージョンです。!!

友人への手土産に作ってみました。

今、日本中の里山は放置された竹林の荒廃地域が多く、竹炭生産で竹林再生と地域活性化を目指す組合が各地にあります。

縁あって舞鶴地域で活動されている方々と私たちが協力し、竹炭を使って何かできないかと模索中です。

今回使ったのは超微粒子のパウダー!

どんなものとも混ざりやすく、着色は使用量によってグリーンかかったグレーから漆黒までに自由にできる。

しかも味には全く影響が出ないのでピザやパウンドケーキなどにも応用中。

その上デトックス効果や腸内環境を整え、善玉菌にも良い効果があるときけば使わない手はない!

今回は材料にもこだわり、オイルはグレープシードオイル(名の通り、ブドウの種から採れるオイルです)

小麦粉ときな粉の量を同量にして低糖質もめざし、砂糖は極力控え、卵も1個だけというヘルシースイーツです。

3枚食べれば満足感があり、お腹もちもよいようでダイエット中の友人にも喜ばれたスイーツになりました。

わが家のおせち 35年目

 

201815172230.jpg201815171317.jpg201815171148.jpgのサムネイル画像

おせち作りは私の年末の楽しみでもあります。毎年少しづつメニューは変われども 作り続けて約35年、年女の今年は少し頑張りました!

祝い肴3種(数の子、黒豆、田作り=今年は生姜風味とクルミ入り)、長寿海老、日の出昆布巻き(鯛の子を昆布で巻いたもの)レモンきんとん、ローストビーフ、京風だし巻き、自家製聖護院蕪のレモン千枚漬けなど。

おせち料理のコツはおいしいだしとほんのひと手間を楽しむこと。

それができるようになったは 岡山に暮らし、よい食材と穏やかな時間に恵まれ

野菜の飾り切りなど手仕事を楽しむゆとりが出来たこと

私の味を待ってくれてる娘たちがいてくれるのもありがたい。(夫にはあまり喜ばれないので)

私の味を受け継いでいきたいと思ってくれる若い子たちがいてくれるのもありがたい

還暦を目前にしていろんな事に<ありがたい>と思える自分が有り難い!!

今年もこの<ありがたい>が皆さまとの出会いにもつながりますように。

今年もよろしくお願いします。

鍋料理は世界に誇るヘルシーメニュー!

大阪でランチタイム料理教室

4品から、自分の習得したいもの1品を実際に作り、最後にみんなで試食会という形式です。

時間がタイトなので1品は事前に用意した鍋料理を一人前づつ、電子レンジで作るココット仕立てにしました。

2017129215930.jpg201712922924.jpg

マギーブイヨンで作る洋風鍋レシピの第3弾<簡単早変わり 牛肉のトマトカレー鍋>

一人鍋にするとスープカレーのような感じでどんな料理にも合いますね!

詳しいレシピはhttps://nestle.jp/recipe/bouillon_nabe/

鍋料理は世界に誇るヘルシーメニューです。若い人達にとっては野菜不足も補え、その上バランスが良い。

野菜やたんぱく質をしっかり食べた後に

〆で少な目のごはんや麺を加えると更にグッドバランスです。

早くもインフルエンザ警報の出ているこの冬

鍋料理で野菜をしっかり食べ、冷えを予防し免疫力UPで乗り切りましょう

 

2017129214439.jpg2017129214335.jpg

娘たちへの料理教室11月<牡蠣の季節到来>

11月になると牡蠣の身がだんだんと大きくなって、食の喜びがまたひとつ。

うれしい秋の味覚を、まずは洋風鍋で味わいます。

岡山支部の近くにはB級グルメで有名になった「牡蠣おこ(牡蠣をトッピングしたお好み焼き)」

の地元である日生(ひなせ)があり、この時期にしては大粒の牡蠣が手に入りました。

今回のメニューは

*鰆のかぶらむし(岡山の方にはあまりなじみのない料理方法なのか生徒さんも初めて食べた方がほとんど)

*自家菜園のお野菜でマギーブイヨン、牡蠣の豆乳カレー鍋(昆布とマギーブイヨンで出汁を作り、鍋のベースを作ります。

 豆乳は鍋に入れ加熱しすぎるとモロモロになるので今回は温めた豆乳を各自で加える方法です。

豆乳のマイルドな味を薬味として添えたカレーパウダーが引締めます。*地元の朝日米の新米 *ヨモギ生麩のぜんざい

2017112523433.jpg20171125224830.jpg20171125224955.jpg

わが家では母の時代からキッチンに常備されてたマギーブイヨン。今日の生徒さんは使ったことがない、知らなかった方が多く今回の出会いを喜ばれました。きっと定番の調味料に仲間入りすることでしょう。洋食だけでなくおでんに少し加えると牛すじの無い時にもコクのあるお味に変身します。

自分流の使い方をみつけてね!

簡単早変わり牡蠣の豆乳カレー鍋、詳しいレシピは↓↓

https://nestle.jp/recipe/bouillon_nabe/

        

お母さんから娘たちへの料理教室(岡山支部)9月

移住後、縁あって近しくお付き合いしている若い人たちに、母から娘へ受け継いでいってほしい味と料理のコツを中心に毎月料理教室を開催しています。

今回はパーソナルレッスン編。しっかりと基本を身につけよう、すべてやってみようと熱心な方です。味覚の秋ともなればあれもこれも教えてあげたいと欲張りなメニューを考えてしまう母代わりですが、

まずは 基本+手間をかけることを楽しみながら

<栗ご飯>の栗のむき方、もち米とうるち米(普通の白米)の割合い、塩加減、

<茶碗蒸し>は、かつをと昆布の水出し、この出汁がポイントよ。シイタケの戻し汁でのもも肉下煮、えびのゆで加減、卵とだし汁の割合、味付けまで確認しながらしっかりと体験。具材には京都<麩嘉>の蓬麩(よもぎふ)をプラス。ゆりね、銀杏、マツタケと具沢山で豪華な秋の一品。その柔らかさに驚かれ、深めのフライパンだけで出来上がる簡単さに私にもできる!感を強くされたようでした。

茶碗蒸しは蒸し器が無くても、蓋つきの器が無くてもできるのよ!具材も最初から用意すると予算もたいへんでしょ、私は八宝菜のエビを数匹とりわけ冷凍に。ユリ根と銀杏は一度に茹でて冷凍保存し少しづつ使う。鶏肉も少し残ったものを冷凍してなど、いろいろ具材が揃った時に作ります。豪華でなくてもおいしいお出しがあれば上等です。卵が1つあれば2人分が出来ますよ。

<ねばねば3種の酢の物> 超簡単、市販の味付けモズクかめかぶに 茹でて叩いたおくら、長芋のみじん切り、えのき茸はラップに包みレンジで加熱。すし酢やかんきつ酢、出汁で割るなどお好みに仕上げる。食物繊維たっぷりのローカロリーな1品。てんぷら等のサイドメニューとしてもぜひどうぞ。

昼食は、夫が裏庭で焼いてくれた炭焼きさんまにおろし大根、カボスをプラスして

当協会推奨<もの足りるヘルシーメニュー秋の恵み編> 満開の曼殊沙華をめでながらの いただきま~す!!

201710222526.jpg2017102225443.jpg

お母さんから娘たちへの料理教室(岡山支部)

岡山に移住した後、縁あって近しくお付き合いをしていただいてる若い人たちからのご要望で月イチの料理教室をスタートしました。

まるで嫁入り前の娘にお母さんが教えるような基本的、しかしすぐに役立つ家庭料理が主体です。

私がつくっている日々のお惣菜のコツを次世代に伝えていけたらいいなと思いながら。

先々月は魚のおろしかた⇒

とはいってもすぐに、大きな魚をおろすことはできません。

ちょうど鯵と鰯の旬なので、まずは鰯の手開きから。頭はキッチンばさみという便利なグッズで落としましょう。

お腹は手で割き、骨に沿って2枚おろしにした後、骨を抜いて塩水で洗う。

鯵は頭を落として2枚おろしに挑戦!

左利きの彼女は薄刃の万能包丁で挑戦し、一人で10匹もおろすとなんとかなるものですねえ、

最後は皮を引いて、ナメロウまでできました。2枚おろしの鯵は干物に。鰯はみりん干しに!

暑い季節は室外で干すのはやめて、冷蔵庫で乾燥させるのがおすすめ。ラップをせず、キッチンペーパーに乗せて1日~2日、塩加減も好み次第。

昼食はナメロウ、タコ刺し、鰯の天ぷら、アジの干物、わが菜園の今夏ラストの白いトウモロコシ、オクラの味噌汁、ごはんでいただきま~す!

2017101234444.jpg2017101234521.jpg2017101235821.jpg

 

 

今年のおすすめ野菜、ぷちぷよ??

201751015210.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

今年初お目見えのミニトマトです。

数量限定で売っていたので試しに1パックだけ買い車中でつまみ食い。

あまりにおいしくてぜーんぶつまみ食いでなくなったほどのマイブームなトマトです。

赤ちゃんのほっぺのようにぷよぷよしてて、つやつや。皮が薄くて口に残らない。

甘みはもちろんのこと適度な酸味があり、爽やかなあと味が残ります。

今やJAおかやま邑久の直売所では販売時間の前には列に並ばないとGETできません!

今年はこれを植えるぞ!と販売員さんに品種を聞き、

ホームセンターで苗を探した時の一コマを再現。

私「トマトの名前覚えてる?私はおぼえてるよ」

夫「え~っとなんやったけ?ぶち何とか?」

私「昨日の事やのに忘れたん?、ヒント、私の体形ににたような感じ」

夫「わかった!!、ブヨブヨ!!」

それ以来、わが家ではこんなにかわいいプチぷよちゃんが<ぶよぶよ>と呼ばれておりますhappy02

 

主役よりウマイ?脇役登場

ブロッコリーはその中心に大きな花蕾(実)を付けますが、それを収穫した後もお楽しみが続くとってもお得感のある野菜です。

少量多品種を育てたい家庭菜園にはおすすめ! そのわけは写真にある脇芽の登場だよ~

 昨秋、2株だけ苗を植えました。株はどんどん太くなり葉も茂りましたが、その中心にできる花蕾(実)は一つだけ。何となく残念な感じが・・・・

201722012459.jpg

これを食べるともう終わりと思いきや、その葉の根元から次々とベビーのような脇芽が登場!

1週間もするとイタリアンブロッコリーのような大きさに!!お味も主役に負けぬおいしさ。

しかもその後少量づつですが3が月以上楽しませてくれています。毎日お弁当作りをされている方には重宝するのお野菜ですよ。

この春には大きな植木鉢を使ってポット栽培で育ててみませんか?そろそろホームセンターなどで株を売り出しています。

3月中旬にポット栽培の様子を紹介しますので、一緒にチャレンジしてみませんか!