ホーム>ベジアレブログ>2017年11月

2017年11月

娘たちへの料理教室11月<牡蠣の季節到来>

11月になると牡蠣の身がだんだんと大きくなって、食の喜びがまたひとつ。

うれしい秋の味覚を、まずは洋風鍋で味わいます。

岡山支部の近くにはB級グルメで有名になった「牡蠣おこ(牡蠣をトッピングしたお好み焼き)」

の地元である日生(ひなせ)があり、この時期にしては大粒の牡蠣が手に入りました。

今回のメニューは

*鰆のかぶらむし(岡山の方にはあまりなじみのない料理方法なのか生徒さんも初めて食べた方がほとんど)

*自家菜園のお野菜でマギーブイヨン、牡蠣の豆乳カレー鍋(昆布とマギーブイヨンで出汁を作り、鍋のベースを作ります。

 豆乳は鍋に入れ加熱しすぎるとモロモロになるので今回は温めた豆乳を各自で加える方法です。

豆乳のマイルドな味を薬味として添えたカレーパウダーが引締めます。*地元の朝日米の新米 *ヨモギ生麩のぜんざい

2017112523433.jpg20171125224830.jpg20171125224955.jpg

わが家では母の時代からキッチンに常備されてたマギーブイヨン。今日の生徒さんは使ったことがない、知らなかった方が多く今回の出会いを喜ばれました。きっと定番の調味料に仲間入りすることでしょう。洋食だけでなくおでんに少し加えると牛すじの無い時にもコクのあるお味に変身します。

自分流の使い方をみつけてね!

簡単早変わり牡蠣の豆乳カレー鍋、詳しいレシピは↓↓

https://nestle.jp/recipe/bouillon_nabe/

        

秋の畑、なんか変?

20171114231513.jpg

今秋は害虫被害が少なく、おいしいキャベツ2個を収穫できたとよろこんでいると

あれあれ、人参に大きな青虫が・・・・!

畑作りの5年間でも人参葉は食害にあったことがないのに今年はどうして?

さらにこの時期にトマトが花をつけている!

なんか変???

こんな気候異常では無農薬での野菜つくり、しかもそれで生計を立てる農家の皆さんはさぞ大変だろう。

我が畑は最低限の農薬使用(今のところ未使用)で有機肥料を使った野菜<活菜>を目指してます。

 

さて

ニンジンの葉を食べる青虫は何だろう?と調べてみるとキイロアゲハの幼虫らしい。

何となくかわいく、いつもなら「ごめん!成仏して下され」と言いながら抹消するのだけれど

この子たちはお行儀が良く、葉を一枚ずつきれーいにごちそうさまし残るのは軸のみ。

さいわい人参は葉が多く、天ぷらにする以外は食べないのでどうぞご自由に召し上がれ。

日々寒くなるこの時期、いっぱい食べて早く大きなさなぎになってね。

有機農法とは自然の生物との共存を目指すものでもあるのです。